読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しぼりたてキノコの日常

初めての出産〜育児、時々夫の話

入院2日目〜緊急帝王切開決定

(※過激な表現が含まれるかもしれません。ご注意ください。)

2日目

12:30 陣痛促進剤④

13:30 陣痛促進剤⑤

          起き上がったり、立って歩くとお腹の張りをよく感じます。

          でも陣痛そのものはまだ規則的とはいえないかなぁ。

14:30 陣痛促進剤⑥

          この日もこれで終わりか〜、あとは1時間経過を見てまた明日かな。

16:00 実家の両親が岩手から駆けつけてくれました。ありがたい。でもジュニアはまだ出てこないよー、なんて話をしました。

 

17:00頃〜

分娩監視装置のアラームが鳴りました。ジュニアの心拍数上昇、からの減少。そして今まで出たことのない"?"の表示が。

お腹の中で移動してうまく測れなくなったのかな?(←そんなに深刻に思っていない私)

でも一応アラーム止まらないしとナースコール。

来てくれた看護師さんの表情が曇る。

看護師さんが続々集まる。

お医者さんも集まる。(勢揃いだー(´⊙ω⊙`)とちょっとビビる。)

お医者さん、口調は穏やかだけど、話してることはなんか穏やかではない。。

 

(この辺から展開が早くて、私の頭がついていかなくなるのことをご了承ください)

 

看護師さん「旦那さん今呼べますか。今来て貰えますか?」

私「あ、はい(´⊙ω⊙`)」(電話をかけ、今来て欲しいと伝える)

お医者さん「ちょっと赤ちゃん苦しくなってきてるようなので、帝王切開しましょうか。」

私「あ、はい(´⊙ω⊙`)」

お医者さん「じゃぁこれから準備していきますのでよろしくお願いしますね〜(*´∇`*)」

私「あ、はい(´⊙ω⊙`)」 

実母「ということは産まれるのは今日か明日ってことですか?」

お医者さん「今日ですねぇ〜(*´∇`*)キッパリ」

私「!!(´⊙ω⊙`)(今日もうお腹切るのか!心の準備が!)」

私の気持ちは関係なく、ジュニアの命第一で物事が進んでいきます。

17:30頃〜

ベッドごと分娩室へ運ばれる私。

緊張と怖さで、手足が震えだす。涙も溢れてくる。

ズボンや下着を脱ぎ、分娩ベッドへ上がる。

性毛を一部剃られる。

胸のレントゲン撮影。

心電図測定。

夫、到着。

術後の浮腫みやエコノミー症候群防止のため、ひざ下ストッキングをはかされる。

 

お医者さんからの説明。これからの行う麻酔や手術の流れと、予想される合併症やリスクを聞く。

大切なことなんだけど、これがまた怖さ倍増。麻酔は胸から下の部分麻酔。意識はある状態で手術を行う。痛くはないけど引っ張られる感覚はあるとのこと。また、子宮筋腫からの出血の可能性とか、場合によっては子宮全摘出もあるとか…もう震えと涙が止まる気がしない。

 

実母「あなたが頑張らないとダメなんだからね!」

私「う、うん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)わかってるんだけど、ついていけない…」

 

4階分娩室から3階手術室までベッドごと移動する。この、移動するごとに天井が変わっていく光景に、また緊張する。夫や両親が手術室前までついて来てくれた。でもやっぱり、震えるし、涙は流れ続ける。

 

手術室の扉が開き、入る。

 

私「(あーこれよくドラマで見てたヤツだー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(完全に先週まで見ていたチームバチスタシリーズの影響w)患者さん目線だとこんな感じなんだー怖いー。天井には丸い大きなライト、ホントにあるんだー怖いー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))」

とテンパってわけのわからないことを考える。

そして、手術室内には、ポップスが流れている。

 

しかし、こちらのテンパリ具合は変わらず。

麻酔科のお医者さん登場。

私「(チームバチスタの手術とおんなじ青いヤツ着てるー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))」

点滴装着。(一度血管に入らず挿し直ししたけど、そんな痛みはどうでもいいくらいこちらはパニック)

血圧計装着。

下半身麻酔を腰から打つよと言われ、横を向く。

注射ー。痛いーけどもうどうしようもないー。

麻酔はすぐ効いてきて、足がモワーンと暖かくなる感じになってきた。これが効いてきた証拠だと言われた。

 

顔の前にパンダ柄のカーテンがかけられる。

数分後、保冷剤を当てられ、

麻酔科お医者さん「麻酔が効いていないところ(肩)は10の冷たさね。ここ(お腹)はどのくらい?」

私「ゼロです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」

麻酔科お医者さん「次ここは(太もも)は?」

私「ゼロです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」

麻酔科お医者さん「よし、大丈夫、効いてるよ^ ^」

私「はい…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」

 

産婦人科のお医者さん3人登場(こちらも青い手術着を着ている)

なにやら、手術の方向性を再確認し、筋腫を避けていくとか他にもいっぱい喋っていた。もうこの辺から話の内容は覚えていないが、お医者さんがリラックスしながらテキパキと手術を進めていたことはわかった。ありがたかった。

 

切られ、引っ張られを何度か繰り返し、その時は無心で体を委ねていました。

ジュニアが取り出される直前には、みぞおちのあたりを結構な強い力で何度かグイグイ押され、その勢い(?)で出された感じがした。

そして、

ジュニア「フンギャー!!!」

私「(出てきたー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ちゃんと泣いたよー。」

そして、また涙が溢れてきました。

 

3/22、18:50  3620gの元気な男の子出産しました。

 f:id:shiboritatekinoko:20170324121612j:image

続く

 

入院1日目〜2日目

病院の規則正しい生活、嫌いじゃないです。

 

入院1日目

陣痛室にて分娩監視装着装着

12:30 昼食(トンカツ)、陣痛促進剤投与①

13:30 陣痛促進剤②

14:30 陣痛促進剤③

15:30 陣痛促進剤④

16:30 陣痛促進剤⑤

17:30 陣痛促進剤⑥、夫再び来院

18:00 夕食(サバの味噌煮)

18:30 夫帰宅

19:00〜病室へ移動、入浴、ベッドでゴロゴロ、分娩監視装置装着

21:00 就寝

 

誘発された陣痛(グググーーーーッツ、ギューーーーッツっていう下っ腹の痛み)がくるのはキツかったな。でもずっと続くわけじゃなくて、痛みのピークがきて、吐くことを意識した深い呼吸をすると治まるので、頑張れる気がします。

 

分娩監視装置を常に付けておかないといけないのは地味に不便です。寝ているときも装着したままです。トイレ行くときとか、歯を磨きたいとき、シャワーのときはナースコールで呼ぶんですけど、ファミレスのピンポンみたいに気軽に呼んでいいものかちょっと勇気がいります。 

f:id:shiboritatekinoko:20170322064854j:image

陣痛促進剤は、1日に6錠までしか飲めない決まりで、もっと飲んでお産を進めたくても我慢するしかないんですね。あと、帝王切開は希望したからといってそうできるわけじゃないんですねー、帝王切開をすることのリスクもあるから、赤ちゃんの状態と相談しながら、お医者さんの総合的な判断になると看護師さんから聞きました。うーん、まだまだ時間かかりそう。

 

夫は職場の先輩方から、もう帝王切開しちゃえばいいとか、出産はだいたい産まれては困る朝とか深夜の時間帯になるからとか、言われているようです。で、そんな話をしながら心配そうに私を見守ってくれています。

 f:id:shiboritatekinoko:20170322081610j:image

 

入院2日目

5:00 起床時間を待たず目がさめる

6:00 分娩監視装置装着、今日もジュニアが元気なことを確認

        早く目が覚めたためすでにお腹が空いてくる

7:00 体重測定、洗顔

8:00 朝食(ウィンナーのトマト煮)

9:00 内診(何度やっても慣れない…) 

        お医者さん「まだですねー。でも今日風船落ちそうですねー。」

        看護師さん「今日も促進剤頑張りましょうね〜。」

        私「はーい(*´ω`*)」

9:30 陣痛促進剤投与①

10:00 お腹の張りがやってきていい感じ

          でも昨日より痛みに慣れてきた?のか陣痛が強まっている感じがあまりしない…

10:30 陣痛促進剤②

11:30 陣痛促進剤③

12:00 昼食(天ぷらうどん)

 

張りの感覚は狭くなっているものの、その時はまだこない感じです。

こうやってレポートできてるくらいですしね。

まぁ、こればっかりは気長に待つしかないですね 。

続く

 

40週健診からの、入院スタート

今日の健診で、産まれる兆候がなくてももう陣痛促進剤使って進めたいって希望出そうと決めていました。なので、入院することも考えて、有休を取ってくれた夫と一緒に病院へ。

 

産婦人科に到着後、15分間、分娩監視装置を付けジュニアの様子をみましたが、予想通り兆候なし。むしろ、リラックスしすぎて寝てる?って感じでした。我が子ながら本当にマイペース。子宮口の開きもゼロ。エコー確認では、画面からはみ出すので先週以上によくわからず。大きさは3500g超え、お腹も随分せり出しているので、そりゃ妊娠線も増えますよね。看護師さんからは「旦那さんの体格見ると赤ちゃん大きいのわかるわね〜。」と。

 

そして、

お医者さん「自然に出てくるの待ちますか。どうします?」

私「(食い気味に)早く出したいです。」←大事なので2回伝えました。

お医者さん「大きいですしね、入院して、陣痛促進剤使いますか。」

私「(食い気味に)はい、お願いします。」 

 

入院決定!そのまま病棟へ。いざ出陣!って感じです。

 

まずは病衣に着替え、病棟のお医者さんに説明を受けるところから。私は8cmほどの子宮筋腫があるので、産道が斜めになっている。これがあるので、リスクもある。まずは下から産む方向でいくけど、うまくいかない可能性もあるからそうしたら帝王切開にしますねと。で、全くお産が進んでないところからのスタートなので、子宮口を開くための風船(?)を入れ、それから陣痛促進剤を1時間ごとに投与するとのことでした。

 

この風船を入れるのが痛かった…グイグイ奥に入れられている感じがホントしんどかったです。これで3〜4cm開くと、自然に風船が落ちてくるそうで。トイレに行った時に出てきたら教えてねって言われました。

 

出産はこれより痛いんだよなって考えたら…いや考えてはいけない。リラックス、リラックス。

 

ここで、午後から会議がある夫は一度職場へ。夕方来れそうなら来てくれるとこのことでした。 何をするわけでもないのですが、一緒にいてくれる人がいるというのは心強いです。ありがとう、夫よ。 

 f:id:shiboritatekinoko:20170321151957j:image

そうこうしているとお昼時間になったので、病院食をしっかり食べてから、陣痛促進剤を飲み始めました。

 

これ、さすが効きますね。飲んで1時間もしないうちに、恥骨のあたりのギューーーッツっていう痛みが現れるようになって。生理痛のような、それよりひどいような鈍痛がくるようになってます。それに合わせてジュニアの心拍数も上がっている感じ。でもまだ我慢できる痛みかな。

 

この感じだと、今日はまだ産まれないなぁ。

続く。

 

一応、予定日は明日なんですけどね

出てくる気配がないですね。こちらはもう陣痛も破水もいつでも来い!って感じなんですけど。ジュニアの方でまだ準備が整ってないのかしら。夜、恥骨のあたりが痛くなる感覚が少しあるか?ぐらいだもんなぁ。絶対まだ本陣痛じゃないです。

 

実母が私を産んだ時は予定日20日前だったらしいので、遺伝的に私もきっと早く出産を迎えることになる!とか勝手に考えてハラハラした時期もありましたが、その心配は一切必要なかったですね。取り越し苦労でしたね。心配事の9割は起こらない、というのをどこかで見たことがありましたが、本当にそうだと実感しました。

 

Amazon CAPTCHA

 

 ということで、少しでも刺激になればと本日も散歩へ。今日は片道1.5kmほどのコースにしました。日差しが暖かく、気温も低くなかったので、薄手のコートを羽織り出発です。風も弱めなので、絶好の散歩日和です。春ってこうやってだんだん暖かくなっていくから好きです。気持ちも明るくなって前向きになるし、やる気も出ますしね。

f:id:shiboritatekinoko:20170319150317j:imagef:id:shiboritatekinoko:20170319150323j:image

妊婦になってからの服装はもっぱらワンピース(特に後期)+レギンスの組み合わせなのですが、お腹周りが100cmを超えると、膝丈だったものもミニ丈になってしまいます。 前の方の生地が上がっちゃうんですね。さらに、LLサイズを買ったはずのトレンチコートですが、ボタンは上から2つまでしか閉められず(しかもギリギリ) 、お腹のところで生地がパカっと開きます。コートの意味〜笑、って思ってましたが、今ではここまで大きくなってくれたジュニアを誇らしく感じます。よっぽど居心地良くて、栄養も吸収しやすくて、私のお腹の中ですくすくと元気に成長してくれたんだなぁと、なんだかほっこり嬉しい気持ちになります。

 

こりゃ予定日を過ぎるのは確実ですね。まぁいいか。ググってみたら、出産の半数以上は予定日以降っていうデータもあるようだし。焦ったところで何ができるわけでもないし、私とジュニアのペースで、あとはお医者さんがちゃんと判断してくれるだろうし、流れに身を任せて待ちますか。

 


早く会いたいなぁ。産まれたら大声で泣いてくれるかなぁ。抱っこしたいなぁ。おっぱいも飲ませたいなぁ。いっぱい飲んでくれるかなぁ。

 

なんて考えていたら、お腹がモゴモゴ。大きくなって、蹴る力も強くなってるし、動く頻度も増えています。いいぞ!その調子だ!

 

そしてやっぱり、カフェで一服してから帰路に着くのでした。

 

f:id:shiboritatekinoko:20170319153157j:image

 

 

 

夫の弁当が美味しくて

我が家では、夫が料理をします。

 

妊娠するまでは、私が作ることが多かったのですが、妊娠して悪阻が酷かった頃、食べたくないから作りたくないという理由で、夫へシフト。元々料理をすることは嫌いじゃない夫と、作ってもらうことになんら抵抗がない私の需要と供給が一致し、このシステムはすんなり移行していきました。悪阻が治ってからも続き、しかも今では食材の買い物も夫がほとんどしてくれています。夫は、仕事が終わるとスーパーに寄ってから帰ってきます。荷物が重くなることもあるので、すごく助かっています。

 

朝・昼・夜、基本的には夫の料理を食べています。ちなみに2人とも昼は弁当です。退職後、私は家にいても夫の弁当が食べたかったので、平日は引き続き作ってもらうことにしました。夫も、自分の分だけだったら作る気がしないけど、2人分ならと快く引き受けてくれました。

 

で、この弁当が、美味いんです。(すいません、自慢です)

 

バランスも考えられているし、彩りもいいし、作るところ見てると手際がいいんですよ。あの朝の忙しい時間帯に、朝ご飯と一緒に20分ほどでできてるもんな〜。私がやると、もっとかかるし、そんなにバランス考えられないなぁと感心してしまいます。よく、男性は一度に複数のことはできなくて、女性にはそれができるとか言われるけど、うちは逆だって思います。

 

で、折角なので、今週の弁当を振り返りながら紹介してみようと思います。もちろん夫からも許可済です。

 

・3/13(月)

炊き込みご飯・豚の角煮弁当

f:id:shiboritatekinoko:20170318154705j:image

・3/14(火)

炊き込みご飯・シラスとネギの卵焼き弁当

 f:id:shiboritatekinoko:20170318155047j:image

・3/15(水)

シシャモ・新タマネギタルタル弁当

 f:id:shiboritatekinoko:20170318155442j:image

・3/16(木)

焼きサバ・スナップエンドウ牛肉炒め・アボカドサラダ・卵とじ弁当

 f:id:shiboritatekinoko:20170318155455j:image

・3/17(金)

モヤシナムル・せりシラスご飯・大学いも弁当

 f:id:shiboritatekinoko:20170318155504j:image

 

月曜のメニューに関しては、前日夜に仕込みをしていました。私に「先に寝てていいよ〜。」といい、キッチンで楽しそうに準備をしていました。夫曰く、料理をするとスッキリする、仕事より向いている、と感じるのだそうです。

 

あぁ、どれも美味しかったなぁ。ちなみに、毎日汁物も付いています。(写真に撮るの忘れてた!)

 

産まれてくるジュニアも夫の背中を見て料理好きになるかしら。今から楽しみ。

 

でもその前に、まずは元気に産まれてくることが先か!

 

 

おべんと探訪記

おべんと探訪記

 

 

妊婦は結構大切にされていると思う

今日はどうも朝から天気が安定しないです。雪が降ってきたと思ったら、光が差し込んできて、散歩に行けるかと期待してると、また雪や雨が風とともに冷たく降ってきて、結局今日の散歩は諦めました。春の天気は変わりやすいのでこの時期は仕方ないですね。

 

とりあえず今日は、出していた夫のスーツやワイシャツを受け取りに近所のクリーニング屋へ。スーパーの脇に併設されている小さな店舗なんですが、毎週行ってるので気づいたら店員さんとも顔見知りに。よく声もかけられます。今日も、

店員さん「お腹大きくなりましたねぇ。予定日いつでしたっけ?」

私「来週産まれる予定ではあるんですが、なんだか出てくる気配がなくて笑。」

店員さん「初産だと少し遅れたりしますからね〜。」

私「初めてだから、多分そうですね〜、帝王切開になるかもしれませんしね。」

とまぁ、他愛の無い会話を交わしました。

 

で、思ったのですが、妊婦に厳しいことを言ったり、不親切な態度をとる人って世の中にそうそういないですよね。

 

よく暇つぶしで見てたネットニュースでは、心ない言葉をかけられたとか、あからさまに嫌な態度を取られたとか目にしていたので、妊娠してからは正直覚悟をしていました。妊婦がいることで嫌な気持ちになる人もいるのだと、どうしてもできないこと迷惑をかけてしまうことが出てくるから、そういう時に厳しい人が絶対いるんだ、しょうがないと。世の中そういうもんだと、勝手に考えていました。

 

でも実際、妊娠がわかってから、意外とそうでもないなと思うように。むしろみんな親切に接してくれるなと。重いものは代わりに持ってくれるし、休憩していいよと声をかけてもらえたし、お腹が大きくなってくることを一緒に喜んでくれたし、経験談を教えてくれる先輩もいました。まぁ中には内心ちょっと迷惑と思ってた人もいたにはいたかもしれませんが、それは私には感じられなかったし、みんな優しいなぁと思っていました。職場・地域・友人・家族どの人にも親切にしてもらった記憶ばかりです。本当にありがたい話です。

 

じゃぁなぜ、ネットニュースではあんなにマイナスなことが書かれていたのだろう。

 

私がたどり着いた答えは、「世の中では珍しいことだから」です。心ない言葉をかけたり、嫌な態度をとる人っていうのはすごく少数で、滅多にいない人だから、ニュースになっただけなんだと。都会や地方の違いは多少あるかもしれませんが、そうそういないのだと。ネットニュースを全て鵜呑みにしてはいけませんね。そんなこともあるのね〜と流し読みするくらいが丁度いいこともあると思った、金曜日の午後でした。

f:id:shiboritatekinoko:20170317144013j:image

産まれやすくなるよう祈り散歩へ

今朝は空が明るかったので、午前中に部屋の掃除を終わらせて、午後は思いっきり散歩をするぞ!と決めていました。

 

3月も半ば、まだ風は冷たいものの、路面には雪がなくなりスニーカーで散歩ができるようになりました。なんとも嬉しい限りです。雪の積もった道をブーツや長靴で歩くと、足が痛くなってしまうので。とはいえ、スーパーの駐車場脇や近所の公園には、除雪で寄せられた雪がまだどっさりとあります。この雪は4月後半、いや下手すると5月まで残ってるかも。まぁこの地域では毎年のことだから誰も気にも留めてませんが。

 

さて、私の散歩は目的地ありきです。どうも散歩をするための散歩というのではモチベーションが上がらないので、やる気を出すために今日はココ!と場所を決めて出発することにしています。お腹のジュニアにも「今日は〇〇まで行くよ〜!」って宣言してます。

 f:id:shiboritatekinoko:20170316163257j:image

ただこの散歩、ちょっと困ったことにもなっています。問題はその目的地での行動なんですが、妊婦としてはそこで一度休憩を挟んで、水分を補給したりトイレ行にったりしてから帰路につきたいわけです。となると、休めて、何か飲めて、トイレに行ける場所…そうすると、ショッピングセンターやカフェ、あと市立図書館(カフェ併設)が候補として出てきます。

 

で、基本カフェにたどり着くことになるのですが、席に着くとメニュー開きます。飲み物選びます。だいたい飲み物の近くにはスイーツがドーンって載っているんですよ。この時期なんか特に「春のスイーツフェア!」的なものもやってたりして。歩いてきて少し小腹も空いているし、一緒に注文しちゃいますよね〜。お店の思う壺、そして体重増加、からの看護師さんに指摘される。そして反省へと繋がるわけです。

 

ツッコミどころはいろいろあると自分でも思うのですが、飲み物&スイーツのセットはどうしても譲れません。

 

今日は市立図書館まで行くことにしました。自宅から2kmほど、妊婦の足で片道30分かかります。結構いい運動になります。

 f:id:shiboritatekinoko:20170316171851j:image

 到着して、トイレを済ませ、せっかくなのでと雑誌や新聞を読んでいたところで…ケータイが鳴っている。夫からだ。なんだろうと思い出てみると、声が聞こえない。建物内の電波の問題かと思い、急いで外に出てかけ直してみた。通話中の表示があるもののやっぱり聞こえない。不思議に思いながらもとりあえず歩き出してみた。何か急ぎの用事があったのかなぁとも心配になった。5分後、またかかってきた。

 

夫「さっきから同僚に電話かけても音が聞こえなくてさ。だから試してみた。でも今は聞こえる!良かった!」

私「聞こえるねぇ。良かった。なんだったんだろうね。」

夫「直ったみたいだから、じゃぁね。」

 

って、別に私には用事はなかったんかーい。なんだよ。ホッとしたような、がっかりしたような。とりあえずこのまま帰るかと歩きながら、気づいた。あ、今日カフェ行ってない!スイーツ食べないで済んでる!誘惑に勝った!

 

夫に感謝?な本日の散歩でした。